【くすみ改善】目の周りの乾燥対策がNo.1な理由

目の周りが茶色いような、濁った色でくすんでいませんか?

そのくすみ原因は大きく分けて2パターンあり、色が濃い人ほど両パターンにハマっています。

特に片方のパターンは、くすみを何とかしようとケアすると逆効果になってしまいます。

あなたは目の周りのくすみを知らない間に悪化させているかもしれませんよ?

取れないくすみ3大原因知っていますか?

目の周りのくすみは、ケアすればするほど色が酷くなってしまうケースがあります。

その理由が、ケアがくすみ原因を産んでしまっているということ。

まず、目の周りのくすみ原因2つについて簡単にでも知っておいてください。

1.最終糖化産物・AGEsの蓄積

最近、肌老化の大半原因は糖化であるということが常識になってきました。

糖化とは、パンを焼いたら茶色くなる反応のこと。糖とタンパク質が結びつくと起きる反応で、この際に作られる最終糖化産物・AGEsがコラーゲンなどを破壊してしまいます。

そしてこの最終糖化産物・AGEsは茶色の色を持っています。

目の周りは顔の中で一番最初に老けを感じやすい部分ですよね。つまり、目の周りの濁った茶色っぽいくすみは、まずこの糖化が原因として考えられるのです。

2.メラニン色素

メラニン色素というと日焼け。シミ。

つまり紫外線原因なのですが、目の周りだけ日焼けがひどい、紫外線が当たる量が多いとは考えづらいですよね?

実はメラニン色素は悪者ではなく、紫外線から肌を守るために生産される防御物質です。

そして紫外線以外にも、手、ホコリ、花粉、PM2.5、ハウスダスト、黄砂、水、化粧品、化学物質…などなどといった、物理的な刺激に対してもメラニン色素を多く生産します。

  • クレンジングでしっかり洗う
  • アイメイクでくすみをしっかりカバー
  • 目の周りのマッサージ
  • アンチエイジングに良さそうな化粧品の塗り重ね

どれも刺激となりうる可能性があり、良かれと思ってやっていることが、じわじわとメラニン色素を増やしているかもしれません。

3.肌ステイン

ステインというと歯の黄ばみで聞いたことがありますよね。

茶渋やコービーなどに含まれる成分で、毎日歯磨きしていても取れない厄介な色素です。

実はこれ。肌に存在しています。

今まで目の周りのくすみは、メラニン?という不確かな状態から糖化もじゃない?と加わり、今はステインの存在も加わりました。

セラミド維持+αで目の周りは明るくなる

では、目の周りのくすみ原因である3つのどれが自分に当てはまっているのか?もしくはどれもなのか?

実はこれを判断するのはほぼ不可能です。

かといって全部解決しようとすると過剰ケアになり、メラニン色素が増えたり、刺激で悪化する糖化反応を促進することになります。

そこで推奨されるのが、これら3つのくすみ原因を悪化させない、かつ悪化進行を止める基本ケアをしつつ、3つの原因のどれか1つか2つを毎日ケアしていく方法です。

目の周りのくすみ改善は保湿維持が絶対条件

目の周りのくすみ原因である、メラニン色素と最終糖化産物・AGEs。

この2つに関しては、肌が乾燥していると多く発生しやすくなります。

肌が乾燥するとセラミドなどの細胞間脂質が不足。角質の隙間が増えて刺激に弱くなるからです。この2つのくすみ原因は刺激があるかぎりまず改善されません。

特に目の周りは乾燥がしやすい部位ですよね。

それにアイメイクやクレンジング、くすみ除去のつもりの洗顔やマッサージなどが余計に肌を乾燥させてしまいます。

そして肌が乾燥すると肌水分量が低下し、肌角質に透明感がなくなりボヤッとしたくすみになります

くすみを改善したいなら、とにかく肌のセラミド維持です。それだけでも、確実に今のくすみ状態より前に進むことができます。透明感もアップするから明らかに顔の印象が明るくなりますよ。

セラミドが多いと嫌な色が追い出されやすくなる

目の周りの乾燥を改善することは、メラニン色素や最終糖化産物の発生原因をケアできるだけでなく、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進することができる点でもメリットがあります。

目の周りのくすんだ色は、刺青のように肌の奥深くにあるものではありません。なので、日々剥がれていく角質と一緒に追い出すことができます。

ところが乾燥状態(自覚がなくても肌として乾燥していると当てはまる)があるとターンオーバーは遅くなります。

一度発生したくすみは、基本追い出すしか消す方法はありません。

そのため、保湿維持。つまりセラミドを豊富に肌に保つことはくすみ改善に非常に重要なのです。

原因1・メラニンに美白化粧品はちょっと注意!

メラニン色素の堆積といえばシミ。

では美白化粧品を使えばいいのか?というと、目の周りには刺激となってしまう可能性があります。

それに美白化粧品は肌が乾燥しやすいものがあります。それだと、くすみ改善の必須条件である保湿状態を邪魔してしまいます。

一番最高なのはハイドロキノンですが、酸化に弱く、酸化すると刺激になってしまいます。国内ではリポソーム技術などで保護された状態のものであることが必須。

それでも、ハイドロキノンが肌に合わない人は存在するので、慎重に試す必要があります。

美白作用では一気に落ちてしまいますが、安心して使えるのがアルブチン。

ほぼ万能で使いやすいのがビタミンCですね。

原因2・最終糖化産物は追い出しが基本

最終糖化産物・AGEsは、これを切断する成分の研究が進んでいます。

そういったものを使用することで、より早い追い出しを願うことができます。

ただ美白ほどまだ研究が進んでいないので、それだけに頼るのではなく、あくまでセラミド維持により追い出しを基本とします。

原因3・ステインは頑固!切り離す成分でケア

ステインは歯の黄ばみと同じく肌にこびりついています。

一応、ターンオーバーで除去されていくものの、頑固にこびりついたステインは堆積してなかなか出て行ってくれません。

この頑固者ステインに対して、ロックローズオイルが肌から離れやすくなるように促すことが判明。これを製品化したのがアテニア化粧品で、W洗顔不要、オイルだけど肌乾燥を悪化させないクレンジングオイルを販売しています。

アイメイクをしている人はこのクレンジングオイルを試すことで、セラミド減少による乾燥悪化予防、そしてステイン除去の両方からくすみケアができますね。

目の周りのくすみケアに使ってみたい化粧品コスメ

保湿維持、セラミド維持を条件に、それぞれのくすみ原因にアプローチできるものです。

これら以外は、目の周りのくすみ原因を悪化させたり、バランスを欠いたものが目立ちます。

メラニンくすみ対応

最も実感できて最も肌に優しい美白化粧品として君臨するのがアンプルール。

ベースがドクターズコスメというだけでなく、浸透維持技術に優れており、ただ優しいだけじゃないのが人気の理由です。

特にスポット美白美容液は扱いづらいハイドロキノンを安定化させ、少量をピンポイントで塗布できるため目の周りのくすみにも最適。

刺激があるとされるハイドロキノンですが、アンプルールは独自のカプセルに包み、肌内部でゆっくりと開放。ハイドロキノンのデメリットを打ち消しつつ、暗いくすみに対して最高のアプローチを長い間維持します。

さらにセラミドも同時に浸透。潤いをとどめてくすみ原因を排除。そしてやっつける取り組み。目の周りを触りがちな人が試すべき一つです。

POINT!
非常に優れた技術でハイドロキノンを試せるブランドです。ハイドロキノンはもちろん、アルブチン、ビタミンC誘導体など美白に関わる成分を網羅。これでダメなら他でも無理と言って差し支えないくらいです。

アンプルールの技術をさらに上回るのがビーグレン。アメリカで開発された超浸透技術を化粧品に贅沢に使用。これはビーグレンだけの独占使用です。

ハイドロキノンのような刺激が不安になる成分を、肌と同じ構造のカプセルで包み自然にしっかり浸透。届けたい部位に届け、成分作用の時間もコントロール。だから他社が配合したくてもできない成分が当たり前のように含まれています。

アンプルールとの違いは、ビーグレンにはピュアビタミンCの万能美容液と、高級エイジングケア化粧品に含まれる成分が多数配合されている点です。誘導体ではないピュアビタミンCはビーグレンならでは。エイジングケア成分はその内容もさることながら、浸透技術との組み合わせで高い実感をもたらします。

POINT!
同梱されるクレイ洗顔は目の周りのくすみ対策に非常にマッチします。泡立てない洗顔ながらスッキリ、かつ乾燥せず、不要な角質もバッチリ除去してくれます。

敏感肌専門ブランドのディセンシア。肌が薄くて荒れやすい目の周りをお持ちならこちらがより試しやすいでしょう。

敏感肌向けだからと何かを妥協した作りにはなっておらず、高いセラミド配合量により透明感の即効性があるのも魅力です。

美白力ではハイドロキノンのような強力さはないものの、アルブチンを始め、肌の透明感アップに優れた成分でカバー。セラミドによる高い保水感による明るい目元はハイドロキノン系にはない魅力です。

POINT!
続けて紹介するディセンシアのアヤナスは最終糖化産物・AGEsに対応。組み合わせることでメラニンくすみも、AGEsくすにも対応します。

最終糖化産物・AGEsくすみ対応

老化現象の親玉である糖化。この糖化対策で定評があるのがポーラ・オルビスグループ。その子会社で敏感肌専門ブランドなのがディセンシアです。

相当な敏感肌でも使えるとリピートが多いラインで、ナノセラミドによる高い保湿力と敏感肌でも試せるエイジングケアが人気の理由。

セラミドで保水をキープ。茶くすみを追い出し、最終糖化産物・AGEsを切り離す植物エキス、くすみを作る刺激から肌を守る特許技術の肌バリア機能。

この3点で原因から追い出しまでをしっかりケア。さらにコラーゲン生成サポートもあり、痩せてきた目の周りが気になる人にも最適です。

日中は同成分のBBクリームを使用すれば、24時間くすみケア、そしてハリケアになります(アヤナスBBクリームについてはこちら)。

POINT!
糖化にきちんと対応したコスメブランドはまだ少ないです。その中でもディセンシアのアヤナスは文句なし。原因から排除まで余すことなく対応しており、コラーゲンケアまでできて言うことないでしょう。

肌ステインくすみ対応

どうしても取れなかったくすみ。その理由が肌ステインであることを突き止め、肌ステインを切り離す成分を見つけたのがアテニア。

ロックローズオイルが肌ステイン除去に最適との結論と同時に、それを最大限に活かしつつ、オイルクレンジングのデメリットである乾燥悪化を克服した製品です。

価格を見ると妙に安いので逆に頼りない?と思えるかもしれませんが、アテニアのブランドコンセプトは他社高級化粧品と同等それ以上のものを、約3分の1の価格で提供すること。

特に目の周りというくすみやすい部位を、肌ステインとともにしっかりオフ。オイルクレンジングなのにW洗顔不要という使いやすさも魅力です。

POINT!
たっぷり2ヶ月分の内容量。ほとんどトライアルセットのような価格なので非常にお得です。アイメイクばっちりな女性は2ヶ月使ってみることで明るい目元に。